投資と投機

投資で有名な人といえば、と聞くと大半の人はウォーレン・バフェットと答えると思います。投機で有名な人といえば、と聞くと大半の人はジョージ・ソロスと答えると思います。同じ資産運用をしている二人ですが、何故投資と投機で分けられているのでしょうか。

 

投資活動で資産運用をしたいという方は、その言葉の意味をよく理解する必要があります。最近は減ってきましが、依然として投機と投資を混同している人が多いです。

 

投資は国や企業の成長を見込んでお金を投じるのに対して、投機は価格の動きを見て上か下かにお金を投じることをいいます。これらを混同して資産運用をしていると、仕掛けや手仕舞いに一貫性がなくなります。投資をやるのであれば価格の動きも重要ではありますが、それを軸に仕掛けや手仕舞いをしてはいけません。軸にするべきは、国や企業の財政状況、成長余地、割高か割安かなど、これらを軸にして仕掛けや手仕舞いをするべきです。

投資と投機/投資でお金を手堅く増やそう記事一覧

私は最近、将来が不安です。将来やっていけるだけの収入を得る自信が無くなってきているのです。これまでコツコツ貯金はしてきましたが、この低金利の時代ですから、銀行に預け続けても、一向に増える気がしません。利率の良いネット銀行を探しても、せいぜい1年もので年0.5%です。こんなの何年預け続けても、増えるはず有りません。と言うことで、私は最近になって投資に手を出し始めました。手を出すなんて言うと、まるでギ...
投資行為が行われたのは今から約400年ほど前の1602年まで遡ります。その当時のヨーロッパは大航海時代といわれており、船による遠征で様々な貿易活動をしていました。しかしこの活動には資金繰りという問題がありました。当時の技術は今と比べて未熟だったため、無事に港に帰還できる保証もありませんし、海には海賊など野蛮な集団が航海していました。そのため航海は巨万の富を得られる可能性がある一方でいつも危険と隣り...
最近のアベノミクスによる円安のために、為替取引の話題が多くなってきたので自分自身でもやってみようと思い、FXを体験してみました。とりあえず、試すだけだがデモではなく実際の取引が少ない金額で出来るということでSBIFXに口座を開設しやってみました。結論からいうと爆死でした。何もわからないのでとりあえず円安になるだろうということでドルを買ったんですが、急に円が高くなってあっという間に強制ロスカットとい...
東日本大震災の前から、東北の電力会社の株式を持っていました。震災後、株価が大暴落し、しばらく配当も期待できまないと思いました。が、東北の復興のためにはこの企業は必要だろう、復興の一助となれば、という思いで、いまだに株式を持っています。投資と言えば、金儲けが目的っぽいですが、世の中に役に立ちそうな投資もいいかな、と思っています。投資の世界では、甘い考え方で負け戦でしょう。また、たいした金額ではないの...

このページの先頭へ戻る